安東次男(あんどうつぐお)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

安東次男(あんどうつぐお)

詩人

安東 次男(あんどう つぐお、1919年7月7日-2002年4月9日)は、昭和・平成期の俳人・詩人。俳号は流火艸堂。
1919年(大正8年)7月7日岡山県に生れる。小学5年時、一家で神戸に移住。1941年(昭和16年)頃より加藤楸邨の門をたたき、俳句を学ぶ。1942年(昭和17年)東京帝国大学経済学部経済学科を卒業。海軍に志願し、敗戦時は、海軍主計大尉。戦後、都立桜町高校社会科教諭、國學院大學フランス語講師など。
1942年(昭和24年)、詩作に転じ、抵抗派詩人として注目され始める。1950年(昭和25年)詩集『六月のみどりの夜わ』(コスモス社)翌年6月、第二詩集『蘭』(月曜書房)を、刊行するなど、旺盛に詩や評論を発表する。

安東次男 あんどうつぐお の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   13 吉   吉
円満 名声 人気
孝心が厚く年長者を助けます。男女とも結婚後、幸福をつかみやすいようです。女性は養子を迎えやすいです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   27 半吉   半吉
摩擦 孤立 頭脳明晰
最も強情。理屈っぽいが沈着冷静。計算が致密。人一倍努力と根性で確実に好機をつかむ責任感強い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
安東次男 の画数・良運
桜井莞子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岡安弥生 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
陸川菜乃 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
佐伯伯好 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
津田信夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
酒井敏也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
木原友香 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

安東次男

Page Top