小寺昌治(こでらまさはる)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

小寺昌治(こでらまさはる)

プロ野球審判

小寺 昌治(こでら まさはる、1953年1月18日 - )は、兵庫県出身の昭和後期から平成期(1980年代後半~)のプロ野球選手、プロ野球審判員。プロ野球選手時代の姓名は藤本 昌治(ふじもと まさはる)。
兵庫県の飾磨工業高校を卒業後、山善機器を経てオリックス・バファローズ 阪急ブレーブスにドラフト会議 ドラフト外で投手として入団。まもなく内野手に転向し、1981年には68試合に出場し2ホームラン 本塁打を放つ。選手としては通算88試合に出場し26打数8安打の打率.308、2本塁打、6打点 (野球) 打点、2盗塁。
引退後、ミズノを経て1987年にパシフィック・リーグ審判部に入局した。2005年まで通算1320試合に出場、オールスターゲーム (日本プロ野球) オールスターゲーム3回、日本選手権シリーズ 日本シリーズ1回出場。後輩からの追上げもあり、近年は常時一軍定着とはいかないが、なお一層の奮起が求められる。

小寺昌治 こでらまさはる の画数・良運

天格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
頭がよく、教育者、学者が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自分の理想実現に全力を尽くすタイプです。親や他人に精神、物質両面で惜しみなく援助します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   25 吉   吉
個性 才能 強運
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く、金銭トラブルが、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
小寺昌治 の画数・良運
太田信宏 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
江口理代 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
月本昭男 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
太田省吾 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三好長治 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
久米直明 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
田中真帆 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top