堺利彦(さかいとしひこ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

堺利彦(さかいとしひこ)

明治・大正・昭和期の社会主義者

堺 利彦(さかい としひこ、1871年1月15日(明治3年11月25日 (旧暦) 11月25日) - 1933年1月23日)は、日本の社会主義者・思想家・作家・小説家。号は枯川、別名は、貝塚渋六。
貧乏士族の3男として豊前国仲津郡長井手永大坂村松坂(現在の福岡県京都郡みやこ町犀川大坂字松坂)に生まれる。豊津中学校(現福岡県立豊津高等学校)を首席で卒業。
第一高等中学校を中退したのち、大阪や福岡で新聞記者や教員として勤めながら、文学の世界で身を立てるべく小説の執筆を始める。その後、同郷の末松謙澄に招かれて東京に設けられた毛利家編輯所で『防長回天史』の編纂に従事し、同僚の山路愛山らと親交を深める。

堺利彦 さかいとしひこ の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自分の理想実現に全力を尽くすタイプです。親や他人に精神、物質両面で惜しみなく援助します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
貧困に強く、人一倍努力し独自の才能発揮。金銭面豊かになると病難、配偶者、実子と離別。金銭トラブル、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
堺利彦 の画数・良運
逵志保 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
堤邦彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
神山繁 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
奥克彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
荒川龍 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
竹西寛子 天格 人格 地格 総格 が同じです
沢田聖子 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top