城山三郎(しろやまさぶろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

城山三郎(しろやまさぶろう)

作家

城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年8月18日 - )は、愛知県名古屋市生まれの小説家。作品には経済小説が多い。本名は杉浦 英一(すぎうら えいいち)。
名古屋市立名古屋商業学校(現名古屋市立名古屋商業高等学校)、県立愛知高専を経て大日本帝国海軍 海軍に志願入隊。海軍特別幹部候補生として終戦を迎える。
1952年に東京商科大学(現・一橋大学)卒業後、愛知学芸大学(現・愛知教育大学)助手に就任。担当は景気論と経済原論。後に講師。1963年6月に愛知学芸大を退職し、以後作家業に専念する。
実在のモデルを主人公にしたノンフィクション風の小説を数多く著している。事実と虚構を織り交ぜたリアリティ溢れる描写には定評があり、現代社会を描いた小説のジャンル全体に多大な影響を与えた。半面、城山の思想が反映された創作部分を事実と誤解し、モデルとなった人物を実際以上に美化する読者も少なくない。

城山三郎 しろやまさぶろう の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
もの静かで控え目、年長者に可愛がられて才能発揮します。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
人からは、艶福家、色難浮気者というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
要領よく処理がテキパキと早くまじめ、プライド高く厳しく冷たい自分勝手な印象、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
城山三郎 の画数・良運
坂本一雪 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
木川田一隆 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
前川千春 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
坂本一亀 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
位田隆一 天格 地格 総格 が同じです
杉田久信 天格 地格 総格 が同じです
板井典夫 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

城山三郎

Page Top