芹沢光治良(せりざわこうじろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

芹沢光治良(せりざわこうじろう)

作家

芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年5月4日- 1993年3月23日、明治31 -平成5)は昭和期に活躍した小説家。
 静岡県駿東郡揚原村我入道(現在の沼津市我入道)に生まれる。当時法学部から独立したばかりの東京大学経済学部の一期生となり卒業。農務省に入省。石黒忠篤のもと小作問題の調査にあたる。休職しフランスに渡り、ソルボンヌ大学で金融社会学のシミアン教授に学ぶ。フランス滞在中に結核に犯され療養につとめる。帰国後,1930年療養中の体験に基づいた作品『ブルヂョア』が、「改造」の2回目の懸賞小説に当選し文壇に登場した。
代表作にノーベル文学賞候補にもなった『巴里に死す』,『人間の運命』や『神の微笑』などがある。

芹沢光治良 せりざわこうじろう の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
親をしのぐ実力者となり家名をあげます。女性は男勝りで信用も抜群。男性はハッタリも強いが統率力もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
人からは、目と髪が魅力的、人見知りをする、誠実、義理堅い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
まじめな努力家、人と争うのが苦手。独自の生活方針を立て、先見性、アイデアの良さでチャンスつかむ。目立たないが頭良い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
芹沢光治良 の画数・良運
吉岡広小路 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
酒井海弓美 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
桜井政博 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
吉武民樹 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
米岡功樹 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宇河弘樹 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
安東弘樹 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

芹沢光治良

Page Top