谷幹一(たにかんいち)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

谷幹一(たにかんいち)

コメディアン

谷 幹一(たに かんいち、1932年11月21日 - )は、日本の俳優・元コメディアン。
浅草フランス座で渥美清、関敬六と出会い、共に下積み時代を過ごす。1958年にテレビ映画「月光仮面」で二代目五郎八役を好演。翌年には渥美、関と三人でスリーポケッツを結成。解散後は本格的に役者として活動するようになり、TBS月曜夜8時の「ナショナル劇場」枠では常連として出演している。
「白い巨塔 (テレビドラマ 1978年) 白い巨塔」(フジテレビ) - 佐々木庸平、安田太一(2役)
「ザ・スーパーガール」(1979-80年、東京12チャンネル、東映)
「江戸を斬るシリーズ(C.A.L.) - 出目の金太役
「大岡越前」(C.A.L.) - 出目の勘太役

谷幹一 たにかんいち の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   2 凶   凶
災難 別離 孤独
人からは、おとなしそうに見えて社交家、自分に都合の良い人ばかりとつき合う人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
常に人の先頭を行く。権力欲、征服欲強くグループの長として活躍。体力もあり晩年まで実力者、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
谷幹一 の画数・良運
井上琢己 天格 地格 総格 が同じです
丸木位里 天格 地格 総格 が同じです
井上春生 天格 地格 総格 が同じです
三木敏夫 天格 地格 総格 が同じです
今川氏真 天格 地格 総格 が同じです
山内城司 天格 地格 総格 が同じです
小中肇 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

谷幹一

Page Top