天藤真(てんどうしん)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

天藤真(てんどうしん)

作家

天藤真(てんどう しん、1915年 - 1983年)は日本の推理作家。東京都生まれ。東京大学国文科卒。寡作ながらユーモアとウィットに富んだ文体、状況設定の巧みさと読者の意表を突く展開の作風が特徴的である。現在、ほとんどの作品が創元推理文庫に入っている。
1962年旧『宝石』に投稿した『親友記』が宝石賞に佳作入選して、作家活動を開始。また同年『陽気な容疑者たち』が第八回江戸川乱歩賞の最終候補となり、大下宇陀児らの推薦を得て翌年刊行に至る。
1963年『鷹と鳶』で第二回宝石賞を受賞。
1979年『大誘拐』で第三十二回日本推理作家協会賞を受賞。
遠きに目ありて
陽気な容疑者たち

天藤真 てんどうしん の画数・良運

天格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
女傑が出やすく美人の誉れ高い家系です。運の強い女性を迎えて家は栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
ロマンチストで、頭がよく独創性に富んでいます。金運は弱いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
人からは、いつもニコニコ、しかし人を見る目が厳しい、損をする人とは付き合わない、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   32 大吉   大吉
柔軟性 金運 成功
わがままのようで責任感強く、行動が粘り強さでピンチ脱出、生意気で強引、先見性決断力あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天藤真 の画数・良運
内藤高 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
根間洋一 天格 地格 総格 が同じです
菅野さゆき 天格 地格 総格 が同じです
馬場伸也 天格 地格 総格 が同じです
宇佐美まゆみ 天格 地格 総格 が同じです
佐久間哲 天格 地格 総格 が同じです
吉澤一彦 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

天藤真

Page Top