中村竹弥(なかむらたけや)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中村竹弥(なかむらたけや)

映画俳優

中村竹弥(なかむら たけや、1918年7月11日 - 1990年5月28日)は、日本の時代劇俳優。東京・浅草出身。夫人は女優の花柳小菊。
高等小学校卒業後、歌舞伎役者の中村竹三郎に弟子入り。15歳で初舞台を踏む。長い下積み生活を送っていたが、1953年のテレビ開局に伴い、テレビ時代劇に進出、KRテレビの専属俳優となり以後、『半七捕物帖』、『右門捕物帖』、『旗本退屈男』、『新撰組始末記』と人気テレビ時代劇に次々と主演。なかでも『大江戸捜査網』の御前(旗本寄合席・隠密支配)・内藤勘解由役はハマり役。テレビが生んだ時代劇スターの第一号といわれる。水戸黄門では家老・初老役を多く演じていた。

中村竹弥 なかむらたけや の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
人からは、気が強い、喜怒哀楽を表に出す、人見知りが激しい、外面がよく内面が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   25 吉   吉
個性 才能 強運
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く、金銭トラブルが、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
中村竹弥 の画数・良運
小林正則 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
茂川敏夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
吉田奉行 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
末吉里花 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中村吉治 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
ふづき美世 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
池ノ内祐司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中村竹弥

Page Top