貫井徳郎(ぬくいとくろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

貫井徳郎(ぬくいとくろう)

ミステリー作家

貫井 徳郎(ぬくい とくろう、1968年2月25日 - )は、小説家(推理小説家)。東京都渋谷区生まれ。東京都立青山高等学校、早稲田大学商学部卒業。妻は同じく推理作家の加納朋子。
デビュー作は、第4回鮎川哲也賞の最終候補作に残った長編推理小説『慟哭』(東京創元社刊)。受賞は逃すも、予選委員だった北村薫の激賞を受け、刊行化にこぎ着ける。以後、次々と話題を呼ぶ力作長編を発表。新本格系の若き旗手として支持され続けている。主に読後感が非常に悪く、暗く重い作風で知られるが、本人は明朗な性格で知られ、近年は明るい作品も書くようになった。
2006年、「愚行録」が第135回直木賞(2006年上半期)候補作品に選ばれた。

貫井徳郎 ぬくいとくろう の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
控え目で、環境への順応性高がたかいようです。親孝行で、金運、出世運が強い努力家です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   38 半吉   半吉
才能 挫折
人の技術や極秘のポイントを盗みとり自分のものにする。独創性豊か。金運強い、扶養義務も平気でやってのける、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
貫井徳郎 の画数・良運
水野良樹 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宝来麻紀子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
長沢隆雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
高田慎一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
亀井静香 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
栗本慎一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
師田黎明 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

貫井徳郎

Page Top