上本孝一(うえもとこういち)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

上本孝一(うえもとこういち)

プロ野球審判

上本 孝一(うえもと こういち、1963年4月29日 - 2006年5月5日)は、日本のプロ野球選手、プロ野球審判員。右投げ右打ち。審判員袖番号は3(1988年初採用から2006年死去まで、3は永久欠番になることが決定している)。
京都府舞鶴市出身。
舞鶴リトル、京都府立西舞鶴高等学校 西舞鶴高校を経て、1982年捕手としてドラフト会議 ドラフト5位で広島東洋カープに入団。達川光男の存在で出場機会に恵まれず1984年に現役を引退し、1985年からセントラル・リーグ セ・リーグ審判員となる。生涯通算試合出場数は1412試合、オールスターゲーム (日本プロ野球) オールスター2回出場。東京審判部の中堅であったが日本選手権シリーズ 日本シリーズの出場はなかった。

上本孝一 うえもとこういち の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
神経質で直感が鋭く、手先が器用、霊感力が強い、目が美しいようです。衝動的行為や偏屈強情な所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
親の言いつけ守り、孝心が厚いようです。それと、泣き虫で、度胸がなく、正義感が強く、食いしん坊で、手芸、音楽の才能があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自己中心、ガムシャラな行動、女性は職業婦人に、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
上本孝一 の画数・良運
山田吾一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山田宏一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大平秀一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小出伸一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本良一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
沼正三 天格 地格 外格 総格 が同じです
林ふみの 天格 人格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top