黛敏郎(まゆずみとしろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

黛敏郎(まゆずみとしろう)

作曲家

黛 敏郎(まゆずみ としろう、1929年2月20日 - 1997年4月10日)は、日本の作曲家。
神奈川県生まれ。旧制横浜一中(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校)から1945年東京音楽学校(現東京藝術大学)に入学して伊福部昭に師事。1949年卒業、研究科進学。1951年研究科卒業。同年8月、フランス政府給費留学生としてパリ音楽院に入学するが、一年で退学し、帰国。1953年、芥川也寸志、團伊玖磨と共に「三人の会」結成。1997年、肝不全のため逝去。
ミュジーク・コンクレート、電子音楽、エドガー・ヴァレーズ ヴァレーズの音楽様式、プリペアド・ピアノなど、留学中に接したヨーロッパ最新の前衛音楽の様式を次々と模倣し日本に紹介する。しかしそれらの西洋前衛音楽へのアプローチは、構造的な理論よりは音響への興味を優先させた。

黛敏郎 まゆずみとしろう の画数・良運

天格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
一代で財をなし没落してゆく運命を繰り返しています。浮沈の激しい家系です。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人の心の動きや状況変化を的確に把握します。神経質で、頭が良く義理人情厚く閥を作ります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   35 吉   吉
温厚 人望 安定
まじめな努力家、人と争うのが苦手。独自の生活方針を立て、先見性、アイデアの良さでチャンスつかむ。目立たないが頭良い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
黛敏郎 の画数・良運
安倍徹夫 天格 地格 外格 総格 が同じです
松岡利道 天格 地格 総格 が同じです
湯元健治 天格 地格 総格 が同じです
中森明菜 天格 地格 総格 が同じです
飛鳥凛 人格 外格 総格 が同じです
龍顕一 天格 地格 総格 が同じです
米倉斉加年 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

黛敏郎

Page Top