丸田祐三(まるたゆうぞう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

丸田祐三(まるたゆうぞう)

将棋棋士

丸田祐三(まるた ゆうぞう、1919年-)は、日本の棋士 (将棋) 将棋棋士。九段。元・日本将棋連盟会長。長野県長野市出身、棋士番号43。
歩の使い手であることから「小太刀の名手」と呼ばれた、最後の戦前派棋士。1961年の名人戦などタイトル戦登場4回、棋戦優勝10回、A級は通算、24年。戦後の混乱期とはいえ、四段から二年で八段というスピード昇段記録を持っている。1996年3月77歳で引退(最年長記録)。将棋界のイベントのプロデュースなどを務める。1981年褒章 藍綬褒章、1995年旭日章 勲四等旭日小綬章。
写真家丸田祥三の父。
長野県出身となっているが、これは母親が里帰りをして出産したためで、実際の出身地は東京都。

丸田祐三 まるたゆうぞう の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
人からは、ファイト満まん、頭の回転が速い、プライドが高い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
無口でおしゃべりで、陽気で孤独好きな人。男女とも晩婚。結婚後はマイペースを守ってゆけば成功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
丸田祐三 の画数・良運
上田昭三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本祐子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本音也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
市川啓一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本建三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山北宣久 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本厚子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

丸田祐三

Page Top