由良三郎(ゆらさぶろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

由良三郎(ゆらさぶろう)

作家

由良三郎(ゆら さぶろう、1921年10月14日-2004年4月3日)は日本の推理作家である。
本名は吉野亀三郎。東京都 東京銀座の老舗の小間物屋に生まれ、東京都立日比谷高等学校 東京府立第一中学校、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て東京大学 東京帝国大学医学部卒業。一高時代は高木彬光との親交もあった。海外留学を経てウイルス学の研究者として実績をあげ、横浜市立大学医学部教授、東京大学医科学研究所教授を歴任。1982年定年退職。1984年『運命交響曲殺人事件』でサントリーミステリー大賞を受賞して推理作家デビューした。
高木彬光と同じ世代でありながら、62才でデビューその後10年間ほど活躍した。若干古めかしいタイプの探偵小説の作家であった。著作にミステリのトリックを医学的に検証するなどした『ミステリーを科学したら』などのエッセィもある。

由良三郎 ゆらさぶろう の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   10 凶   凶
多難 大凶
むら気で凝り性です。配偶者や実子、親との縁薄い傾向です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
人からは、控え目、目立たず、オドオド人見知りをする、警戒心が強い、一度気を許すと一心に世話をやく人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
要領よく処理がテキパキと早くまじめ、プライド高く厳しく冷たい自分勝手な印象、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
由良三郎 の画数・良運
大泉一貫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
立花みずき 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
村田正志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
十文字友和 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
百地丹波 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
児玉広志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
坂本正吾 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

由良三郎

Page Top