雷光肇(らいこうはじめ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

雷光肇(らいこうはじめ)

関取

雷光 肇(らいこう はじめ、1978年5月5日-)は大阪市西成区出身の大相撲力士。八角部屋所属。本名は山口 肇(やまぐち はじめ)。身長188cm、体重155kg。現在の最高位は西十両11枚目(2005年9月場所)。 
中学では柔道部に所属。3年になって始めて相撲を取り始め、大阪市の大会に出場した。相撲経験の長い、弟・勲(現・北勝城勲 北勝城)と共に、八角部屋の関係者から勧誘された。近所でちゃんこ店を経営していた元幕下の雷光山の熱心な勧めもあり、入門を決意。中学卒業と同時に八角部屋に入門し、1994年3月場所に初土俵を踏んだ。相撲経験はほとんど無かったが着実に番付を上げて行き、初土俵から5年で幕下に昇進した。三段目との往復をしていた時期も長かったが、2003年頃から幕下上位でも勝ち越せるようになった。2004年1月場所には東幕下筆頭まで番付を上げたが、2勝5敗と負け越し一度は跳ね返されたものの、東幕下2枚目で迎えた2005年7月場所では5勝2敗と勝ち越し、翌9月場所に十両に昇進した。左四つになると力を発揮し期待されたが、本来の相撲が全く取れず3勝12敗と負け越し、1場所で幕下に陥落した。

雷光肇 らいこうはじめ の画数・良運

天格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
武将運があり、戦時下で活躍してきました、平和時は、教育者、指導者にむいています。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
人からは、控え目、目立たず、オドオド人見知りをする、警戒心が強い、一度気を許すと一心に世話をやく人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
理想大きい、現実逃避、威圧的、発言、人をバカにしたような癖、頭は切れ、プライド高い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
雷光肇 の画数・良運
河添房江 天格 地格 外格 総格 が同じです
服部忠行 天格 地格 外格 総格 が同じです
高畑淳子 天格 人格 地格 総格 が同じです
河野洋平 天格 人格 地格 総格 が同じです
青野厚司 天格 人格 地格 総格 が同じです
森村誠一 天格 人格 地格 総格 が同じです
高泉淳子 天格 人格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top