連城三紀彦(れんじょうみきひこ)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

連城三紀彦(れんじょうみきひこ)

作家

連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、本名加藤 甚吾、1948年 - )は、日本の小説家。愛知県名古屋市出身。愛知県立旭丘高等学校、早稲田大学政経学部卒業。
デビューはミステリーだったが、後に恋愛小説、ホラー小説も手がける。直木賞を受賞した『恋文』も恋愛小説で、2人の女性の複雑な心理を巧みに描写した作品である。
1978年 - 『変調二人羽織』で第3回幻影城新人賞受賞
1981年 - 『戻り川心中』で第34回日本推理作家協会賞(短編)受賞
1984年 - 『宵待草夜情』で第5回吉川英治文学新人賞受賞
1984年 - 『恋文』で第91回直木三十五賞 直木賞受賞
1985年 - 一年間の休筆。
1996年 - 『隠れ菊』で第9回柴田錬三郎賞受賞

連城三紀彦 れんじょうみきひこ の画数・良運

天格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
武将運があり、戦時下で活躍してきました、平和時は、教育者、指導者にむいています。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
神経質で直感が鋭く、手先が器用、霊感力が強い、目が美しいようです。衝動的行為や偏屈強情な所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
親をしのぐ実力者となり家名をあげます。女性は男勝りで信用も抜群。男性はハッタリも強いが統率力もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   28 凶   凶
翻弄 誤解 不和
人からは、敵、見方を見分ける能力に優れ、運動神経がよく頭の回転が速い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   40 凶   凶
自信過剰 異性 トラブル
自他共に厳しさ求め、正義責任感強い人。まじめ、他人を優先して考え行動してゆく、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
連城三紀彦 の画数・良運
樋井明日香 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
祖父江義明 天格 地格 総格 が同じです
牧野淳一郎 天格 地格 総格 が同じです
飯田里樹 人格 外格 総格 が同じです
大橋雅法 天格 地格 総格 が同じです
徳永輝行 天格 地格 総格 が同じです
長野主膳 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

連城三紀彦

Page Top