大平正芳(おおひらまさよし)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大平正芳(おおひらまさよし)

第68代内閣総理大臣

大平 正芳(おおひら まさよし、1910年3月12日 - 1980年6月12日)は、日本の政治家。第68・69代内閣総理大臣。正二位大勲位。血液型はO型。
香川県三豊郡和田村(現観音寺市)の中農・大平利吉の次男として生まれる。和田村立大正尋常高等小学校(現観音寺市立豊浜小学校)、旧制三豊中学校(現香川県立観音寺第一高等学校)卒。在学中海軍兵学校 (日本) 海軍兵学校を受験したが身体検査で不合格となっている。高松高等商業学校(現香川大学経済学部)を経て、1936年東京商科大学(現一橋大学)卒業(上田辰之助ゼミナール)。
1935年高等文官試験 高等試験行政科試験合格。郷里の先輩である津島寿一(当時大蔵次官)の勧めもあって、1936年大蔵省入省。1937年横浜税務署長。1939年興亜院にて大陸経営にかかわり、しばしば現地にも出張した。1942年本省主計局主査。1945年津島寿一大蔵大臣の秘書官、1946年初代給与局第三課長、1948年経済安定本部建設局公共事業課長、1951年池田勇人大蔵大臣の秘書官等を歴任。

大平正芳 おおひらまさよし の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   10 凶   凶
多難 大凶
むら気で凝り性です。配偶者や実子、親との縁薄い傾向です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
無口でおしゃべりで、陽気で孤独好きな人。男女とも晩婚。結婚後はマイペースを守ってゆけば成功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大平正芳 の画数・良運
石川宏平 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
矢口芳生 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
ツートン青木 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本功児 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本左近 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本未来 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
立山良司 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大平正芳

Page Top