篠田三郎(しのださぶろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

篠田三郎(しのださぶろう)プロフィール

俳優

篠田三郎(しのださぶろう・1948年12月5日- )は日本の俳優。本名は大塚晴生。東京都港区 (東京都) 港区出身。血液型・O型。
日本大学第二高等学校中退後、大映 (映画) 大映第18期ニューフェースに合格し、養成所期間を経て大映東京撮影所に入社する。1966年『雁』でデビュー。『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』や大映制作のテレビドラマ『ザ・ガードマン』などにしばらくは端役で出演していたが、1970年『高校生番長』で初主演、以後四作まで作られたこのシリーズの男優のエースとして出演。1971年、関根恵子(現・高橋惠子)と共演した『高校生心中・純愛』のヒットにより、関根とのコンビ作が続くが、この年末に大映は倒産、活躍の場をテレビへと移す。

篠田三郎 しのださぶろう の画数・良運

天格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
女傑が出やすく美人の誉れ高い家系です。運の強い女性を迎えて家は栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
平和主義者で、優しい心と思いやりを持っています。責任感が強く、粘り強い。年長者に可愛がられ、損得勘定が強いが表には、だしません。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人からは、批判精神が強く社交下手、人見知りをする、おしゃれ、打ち解けず親友が少ない、謀略家で機知にたける人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   34 凶   凶
繊細 災難 挫折
ファイトマン、状況判断早く、ムダがない、雑音に耳かさぬ強引さ、涙もろく、義理人情に厚い。尻切れトンボ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が奇数です。多くの流派でとされています。
篠田三郎 の画数・良運
藤井恒久 天格 地格 総格 が同じです
飯島博 天格 地格 総格 が同じです
宇佐美游 天格 地格 総格 が同じです
露の吉次 天格 地格 総格 が同じです
瀬川千秋 天格 地格 総格 が同じです
新垣泉子 天格 地格 総格 が同じです
雀部晶 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

篠田三郎

Page Top