香川京子(かがわきょうこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

香川京子(かがわきょうこ)プロフィール

女優

香川京子(かがわきょうこ、本名・牧野香子、1931年12月5日-)は、昭和中期から平成期(1950年代-)の女優。
茨城県行方郡麻生町(現・行方市)に生まれ、東京都立第十高等学校(現・東京都立豊島高等学校)卒業後の1949年東京新聞主催の「ニューフェイス・ノミネーション」に合格し、1950年『窓から飛び出せ』でデビューする。
その後、成瀬巳喜男監督の作品に次々に出演し、さわやかな演技で人気女優となる。また、溝口健二監督の『近松物語』で主役を演じ、その卓越した演技力で賞賛を浴びた。また、黒澤明監督の作品にも次々と出演した。
1990年に、熊井啓監督の『式部物語』でキネマ旬報助演女優賞、1993年、『まあだだよ』で田中絹代賞、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受ける。

香川京子 かがわきょうこ の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
人からは、気が強い、喜怒哀楽を表に出す、人見知りが激しい、外面がよく内面が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
行動力抜群、先見性鋭く損になることしない。愛にも仕事にも自分にプラスになるものを求める、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
香川京子 の画数・良運
津川定之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
石坂まさを 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
江守正多 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
甘利はるな 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
前川知大 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
有吉弘行 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
神山昌子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

香川京子

Page Top