安部龍太郎(あべりゅうたろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

安部龍太郎(あべりゅうたろう)プロフィール

作家

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう、1955年6月20日-)は、日本の小説家。福岡県八女郡生まれ。国立久留米高専卒機械工学科卒。本名 良法。
東京都大田区役所に就職、後に図書館司書を務める。その間に数々の新人賞に応募し、『師直の恋』でデビュー。1990年に発表した、『血の日本史』(『日本史 血の年表』改題)で注目を集め、「隆慶一郎が最後に会いたがった男」という伝説ができた。
作品に、『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など。歴史小説の次代を担う作家として注目されている。
血の日本史(1990年、新潮社)
黄金海流(1991年、新潮社)
彷徨える帝(1994年、新潮社)
太閤の城(1994年、PHP研究所)

安部龍太郎 あべりゅうたろう の画数・良運

天格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
武家、大商人、教育者など財力、名誉の両方に恵まれたものが多く繁栄力があり、芸事にすぐれているようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   27 半吉   半吉
摩擦 孤立 頭脳明晰
完全主義で、負けず嫌いで努力家です。積極的ですが、融通性に欠け才能を十二分に発揮できぬようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
孝心が豊かで、親、兄弟の世話をします。まじめで、努力家です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
人からは、周囲の人の影響で気苦労が多い、頭がよい、人一倍苦労しても報われない人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   46 凶   凶
急転 明暗 苦労
土壇場でずっこける。チャンスつかんでも急病などの障害で放棄。争い警察問題に注意、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
安部龍太郎 の画数・良運
伊藤信太郎 人格 外格 総格 が同じです
進藤貞和 人格 外格 総格 が同じです
名嘉睦稔 人格 外格 総格 が同じです
斉藤美規 人格 外格 総格 が同じです
近藤貞雄 人格 外格 総格 が同じです
菊地謙三郎 天格 地格 総格 が同じです
佐藤信博 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

安部龍太郎

Page Top