雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)プロフィール

江戸期の儒者

雨森芳洲(あめのもりほうしゅう、本名:俊良→藤五郎→東五郎→誠清(のぶきよ)、号:芳洲、字:伯陽 朝鮮名:雨森東 1668年6月26日(寛文8年5月17日 (旧暦) 5月17日) - 1755年2月16日(宝暦5年1月6日 (旧暦) 1月6日))は中国語、朝鮮語に通じ、江戸時代中期の日本を代表する儒者である。対馬藩に仕え、李氏朝鮮との通好実務にも携わった。
江戸時代前期、北近江国 近江雨森村(現・滋賀県伊香郡高月町雨森)の町医者の子として生まれた。12歳の頃京都で医学を学び、さらに18歳の頃江戸に出て朱子学者木下順庵門下に入った。同門の新井白石、室鳩巣、祇園南海らとともに秀才を唱われ、1689年木下順庵の推薦で、当時中継貿易で潤沢な財力をもち、優秀な人材を探していた対馬藩に仕官し、1692年対馬に赴任した。この間、長崎で中国語を学んだこともある。

雨森芳洲 あめのもりほうしゅう の画数・良運

天格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
サービス奉仕業で成功してきました。働き者の女性を得ると繁栄するようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自分の理想実現に全力を尽くすタイプです。親や他人に精神、物質両面で惜しみなく援助します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
人からは、人を見る目が厳しい、自分に好都合の人を選ぶのがうまい、閥を作る人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   36 半吉   半吉
苦労 波乱
頭良くリーダーの地位好む。策におぼれやすく、短慮で信用、社会的地位失う。親切友人多い。孤独な人、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
雨森芳洲 の画数・良運
高島俊男 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
福沢博文 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
黒柳能光 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
宮脇咲良 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
雨森良彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
星野佳世子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
南野拓実 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

雨森芳洲

Page Top