嵐山光三郎(あらしやまこうざぶろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

嵐山光三郎(あらしやまこうざぶろう)プロフィール

作家

嵐山 光三郎(あらしやま こうざぶろう、1942年1月10日 - )は日本の作家、エッセイスト。本名、祐乗坊 英昭(ゆうじょうぼう ひであき)。
祐乗坊宣明の息子として静岡県浜松市に生まれ、1950年から東京都北多摩郡国立町(現在の国立市)に育つ。桐朋中学・高等学校を経て、1965年に國學院大學文学部国文科卒業。専攻は中世文学。大学時代の教師に丸谷才一がいた。
平凡社で『別冊太陽』と『太陽 (雑誌) 太陽』のそれぞれ編集長を務める。編集者として檀一雄や澁澤龍彦と交際。1981年に独立し、青人社を設立、『DoLiVe 月刊ドリブ』を創刊。
1982年からは『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ)に編集長としてレギュラー出演した。

嵐山光三郎 あらしやまこうざぶろう の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
瞬間的判断の鋭さがあり、観察が細かく、自分にも他人にも妥協許さず、努力家、まじめです。毒舌で人を不幸にする事もあるので注意が必要です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
人一倍勤勉の努力家です。親の信頼は絶大です。頭も良く、周囲の期待を裏切りません。女性は内助の功、内向性、病難が有ります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
人からは、一見おとなしくまじめに見えるが、情熱家、激しい性格人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
理想大きい、現実逃避、威圧的、発言、人をバカにしたような癖、頭は切れ、プライド高い、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
嵐山光三郎 の画数・良運
堀井令以知 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
郡司隆男 天格 地格 総格 が同じです
北畠能房 天格 地格 総格 が同じです
森下悠里 天格 地格 総格 が同じです
岡村定矩 天格 地格 総格 が同じです
宮本小次郎 天格 地格 総格 が同じです
松尾廣己 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

嵐山光三郎

Page Top