荒巻義雄(あらまきよしお)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

荒巻義雄(あらまきよしお)プロフィール

作家

荒巻 義雄(あらまき よしお、1933年4月12日 - )は日本の小説家、SF作家、評論家。北海道出身。本名、荒巻義雅。北海道札幌南高等学校を経て、早稲田大学第一文学部心理学科、北海学園大学工学部建築学科卒業。『紺碧の艦隊』の大ヒットで、いわゆる架空戦記小説の世界を代表する小説家として広く知られるようになる。
1970年 - 評論『術(クンスト)の小説論』、短編『大いなる正午』でデビュー。
1972年 -『白壁の文字は夕日に映える』で星雲賞日本短編賞を受賞。
『ビッグウォーズシリーズ』などのSF小説を執筆していていたが、1980年代に『ニセコ要塞』を皮切りに、架空戦記を執筆するようになる。『ニセコ要塞』は北海道を舞台にした近未来戦記であり、1990年代以降の架空戦記小説ブームの始祖とも言える作品であった。

荒巻義雄 あらまきよしお の画数・良運

天格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
代々、財産家か社会的信用、地位のある名誉職についている人が多く、男性を中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   25 吉   吉
個性 才能 強運
自分の趣味を本業にして成功します。無から有を生じる逆境に強い運を持ち、親孝行だが子供運は弱いようです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
人からは、敵、味方に人を区別し易く閥をつくりたがる、能弁、誠実、信用ある人、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   43 凶   凶
浪費 非現実
常に前向き、妥協せず願望成就。口は悪いが心は純真で感激屋、よきライバルいれば大成功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
荒巻義雄 の画数・良運
佐野基綱 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
伊達将範 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
渋谷慶一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松原智恵子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
越智家栄 人格 外格 総格 が同じです
大師堂経明 人格 外格 総格 が同じです
篠原敬介 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

荒巻義雄

Page Top