東直己(あづまなおみ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

東直己(あづまなおみ)プロフィール

作家

東 直己(あずま なおみ 1956年 - )は、北海道札幌市出身の日本の小説家。北海道札幌東高等学校卒業、小樽商科大学中退、北海道大学文学部西洋哲学科中退。大学中退後、土木作業員、ポスター貼り、タウン雑誌編集者など様々な職を転々とした後、1992年、『探偵はバーにいる』で作家デビュー。ススキノ探偵シリーズ、畝原探偵シリーズ、榊原シリーズなど、ハードボイルド小説中心に次々と作品を発表している。2001年、『残光』で第54回日本推理作家協会賞を受賞。
現在も札幌市に在住しており、札幌を舞台にした作品を多く発表している。
探偵はバーにいる(早川書房、1992年)
バーにかかってきた電話(早川書房、1993年)

東直己 あづまなおみ の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
気位が高い野心家で、しかも徹底した努力家です。行動力、予知力、瞬間的判断力が抜群です。しかし、人を見る目は冷酷です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
19才までは運動選手として活躍。それ以後男性は気弱、独断専行。女性は職業婦人として活躍、離婚運あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地連鎖
姓の最初の文字と名の最初の文字が同画です。凶現象を引き寄せるとされています。
東直己 の画数・良運
山田進 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
上代務 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本梓 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小田康 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大石清 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
林幸子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岡武士 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

東直己

Page Top