小林光一(こばやしこういち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

小林光一(こばやしこういち)プロフィール

囲碁棋士

小林 光一(こばやし こういち、1952年9月10日 - )は、囲碁のプロ棋士 (囲碁) 棋士。北海道旭川市出身。木谷実九段門下。日本棋院所属。長女は小林泉美。娘婿は張栩。
棋道賞「最優秀棋士賞」7回、秀哉賞7回、1985年北海道栄誉賞、1993年都民文化栄誉賞受賞。
棋風は足早に地を稼ぎ、ヨセで勝負を付ける。
何度となく棋戦 (囲碁) 大三冠のチャンスをつかむが、ことごとく趙治勲の前に阻まれる。趙治勲とは囲碁界において小林・趙時代を作った。対局数は100を超えるが対戦成績はほぼ五分。
2004年7月29日、娘の小林泉美と史上初の父娘対決を行い、勝利した。
1965年 13歳の時、木谷実(のちに彼の舅となる)門下に入門。

小林光一 こばやしこういち の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   7 吉   吉
強い意志 独立心
芸事が得意で、義理人情に厚く、口は悪いが温かい心の持ち主。肉親の絆が強く団結心あります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
誠実でまじめ、内外の信頼と尊敬は絶大。本人は報われにくい、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
小林光一 の画数・良運
大迫忍 天格 地格 外格 総格 が同じです
井村均 天格 人格 地格 総格 が同じです
中村佑 天格 人格 地格 総格 が同じです
木村孝 天格 人格 地格 総格 が同じです
堀文子 天格 地格 外格 総格 が同じです
小林宏 天格 地格 外格 総格 が同じです
川和孝 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

小林光一

Page Top