権藤博(ごんどうひろし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

権藤博(ごんどうひろし)プロフィール

元・横浜ベイスターズ監督 野球解説者

権藤 博(ごんどう ひろし、1938年12月2日 - )は、佐賀県鳥栖市出身のプロ野球選手(投手)・プロ野球監督。現役時代の酷使(後述)に耐え切れず引退した悲運の投手。引退後は中日ドラゴンズ 中日、大阪近鉄バファローズ 近鉄、福岡ソフトバンクホークス ダイエー、横浜ベイスターズ 横浜のコーチ・監督を歴任した。現在は野球評論家として活躍。鈴木孝政、小松辰雄、牛島和彦、吉井理人、阿波野秀幸、村田勝喜、吉田豊彦、下柳剛などを育てたコーチとして知られる。
佐賀県立鳥栖高等学校 鳥栖高校からブリヂストン ブリヂストンタイヤを経て1961年に中日へ入団。同年のオープン戦で28回3分の1を投げて自責点1(防御率0.31)という驚異的な成績を残し、1年目よりエースとして大車輪の活躍。この年チーム試合数130の半分以上に当たる69試合に登板、そのうち先発登板は44試合。35勝19敗、投球回数429 1/3回、三振 奪三振310、防御率1.70を記録。連投に連投を重ねる権藤を指した「権藤、権藤、雨、権藤、雨、雨、権藤、雨、権藤」という流行語も生まれた。当時はまだ先発ローテーションなどなくエース格の投手が優先的に登板していた時代。同年パシフィック・リーグ パ・リーグでは稲尾和久(西武ライオンズ 西鉄)が78試合に登板し42勝の日本記録を樹立しているが、こと先発登板に限定すれば権藤ほどの連投は戦後久しく例がなかったのである。翌年は多少数字を落とすも、61試合に登板(先発登板39)、30勝17敗、投球回数362 1/3回、奪三振212、防御率2.33の成績を残し2年連続最多勝利 最多勝に輝いた。しかし3年目の1963年に10勝しか挙げられず、1964年は6勝と調子を落とした。1965年から打者に転向するが芽が出ず、1968年に投手復帰するも球威が衰え30歳の若さで引退した。

権藤博 ごんどうひろし の画数・良運

天格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
自分の血族、血統を大切にし、分散力、繁栄力が強いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   30 凶   凶
苦境 浮沈 悲運
気のきく陽気で明るい人です。前向きに物事を考え進める猪突猛進型のため周囲の人が後始末にまわります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
人からは、落着いて、悩みない人、ロマンチスト、話が大きい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   45 吉   吉
不言実行 達成 克服
周囲の人に尽くす。奉仕運。内助の功優れ、世話役、秘書役に徹し我欲を慎むとチャンス訪来し出世運、名誉運、強し、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
権藤博 の画数・良運
高見澤勝 天格 地格 総格 が同じです
甲斐錦勝 天格 地格 総格 が同じです
美濃岡洋子 天格 地格 総格 が同じです
橘嘉智子 人格 外格 総格 が同じです
篠雅廣 人格 外格 総格 が同じです
糠澤和夫 天格 地格 総格 が同じです
加藤勝康 人格 外格 が同じです
[もっと見る...]

権藤博

Page Top