斎藤十一(さいとうじゅういち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

斎藤十一(さいとうじゅういち)プロフィール

週刊新潮創刊者

斎藤十一(さいとう じゅういち 1914年2月11日 - 2000年12月28日)は昭和期のカリスマ的な編集者。新潮社の天皇とも怪物とも呼ばれ、会長佐藤亮一の参謀として同社で権力を振るった。1960年から『週刊新潮』に名物コラム「東京情報」を長期連載していた自称外人記者ヤン・デンマンは、斎藤の変名と考えられている。
北海道のガス会社に勤務するサラリーマンの息子として、北海道忍路郡(おしょろぐん)塩谷村(しおやむら=現在の小樽市)に生まれ、父の転職に伴って2~3歳から東京市大森区に育つ。1926年、旧制麻布中学校入学。在学中の成績は中位で、軽度の吃音に悩む、おとなしく目立たない生徒だった。1931年、麻布中学校卒業。海軍兵学校を受験したが体格検査ではねられる(のちに徴兵検査でも肺浸潤が発見されたため、兵役を免れた)。次いで旧制第一高等学校受験に失敗したため、早稲田第一高等学院理科に進むも、一高受験失敗の衝撃から休学して家出し、南総の寺で1年間修行。のち、ひとのみち教団(現在のPL教団)信者の父によって家に連れ戻され、十一自身も同教団に入信。

斎藤十一 さいとうじゅういち の画数・良運

天格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
順調な繁栄をしています。一族の団結は強く、女性中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   3 吉   吉
才能 活動的 信頼
人気運があり、人なつっこく、さわやかで、寂しがり屋です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
人からは、気が強い、喜怒哀楽を表に出す、人見知りが激しい、外面がよく内面が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   32 大吉   大吉
柔軟性 金運 成功
わがままのようで責任感強く、行動が粘り強さでピンチ脱出、生意気で強引、先見性決断力あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
斎藤十一 の画数・良運
斎藤工 天格 地格 外格 総格 が同じです
斎藤久 天格 地格 外格 総格 が同じです
伊達宗行 人格 外格 総格 が同じです
小路里美 人格 外格 総格 が同じです
立花慎之介 人格 外格 総格 が同じです
西田範次 人格 外格 総格 が同じです
池田澄江 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

斎藤十一

Page Top