三枝和子(さえぐさかずこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

三枝和子(さえぐさかずこ)プロフィール

作家

三枝 和子 (さえぐさ かずこ、1929年3月31日-2003年4月24日) は日本の小説家。神戸市出身。夫は文芸評論家の森川達也。
関西学院大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科修士課程中退。中学教師の後、作家生活に入る。代表作に紫式部文学賞を受賞した『薬子の京』など。評論に『男たちのギリシア悲劇』など。
1970年 『処刑が行われている』で田村俊子賞受賞
1983年 『鬼どもの夜は深い』で第11回泉鏡花文学賞受賞
2000年 『薬子の京』で第10回紫式部文学賞受賞
死面の割れ目(1970年、新潮社)
八月の修羅(1972年、角川書店)
処刑が行われている(1980年、審美社)
鬼どもの夜は深い(1983年、新潮社)

三枝和子 さえぐさかずこ の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
気位が高い野心家で、しかも徹底した努力家です。行動力、予知力、瞬間的判断力が抜群です。しかし、人を見る目は冷酷です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
人からは、ファイト満まん、頭の回転が速い、プライドが高い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
気の強い人、思い通りにならぬと怒り出す。ひたむきな努力で初志貫徹、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地同格(天地同画)
天格と地格が同数です。多くの流派で大凶とされています。
天天地地・精神連鎖
姓の最初の文字と名の最後の文字が同画です。精神的に不安定になることが多いとされています。
三枝和子 の画数・良運
井沢洋二 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小林幸子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山岡昌之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大和武士 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小林直己 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小林英三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
木村洋二 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

三枝和子

Page Top