真田裕貴(さなだひろき)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

真田裕貴(さなだひろき)プロフィール

プロ野球選手

真田 裕貴(さなだ ひろき、1984年2月7日~)は兵庫県高砂市出身の平成期(2000年代前半~)のプロ野球選手。読売ジャイアンツ所属。ポジションは投手。背番号は43。
しなやかなフォームから繰り出される140km中盤の速球と、シュートとスライダーで左右のコーナーを丹念に突くコントロールが持ち味。また打撃もいい。
1年目、高卒、6勝3敗と活躍した。
2001年 - 春のセンバツに出場。しかし初戦敗退。
2001年 - ドラフト会議で寺原隼人の外れ1巡目で読売ジャイアンツ 巨人に入団。
       
2002年 - 原辰徳監督に見出され、後半戦では先発ローテーションに定着し6勝をマークし優勝に貢献。

真田裕貴 さなだひろき の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
まじめで、情熱家、意志強く不正を嫌います。努力家であり、信念が強く、口は悪くとも心は純です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
話し上手で、人に喜びを与えます。詩小説、絵、演劇が得意です。やりくり上手で、女性は結婚後幸福になります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
人からは、目と髪が魅力的、人見知りをする、誠実、義理堅い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   39 吉   吉
生命力 大物 成功
動きがさわやか。趣味豊か。義理人情に厚い、人の面倒見良い。短気、せっかち、泣き虫、喜怒哀楽を人前で表わす、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
真田裕貴 の画数・良運
幸村真佐男 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
浦田雄揮 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
島田貴裕 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
森川嘉一郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
島田智哉子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岩佐真悠子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
島田晴雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

真田裕貴

Page Top