茂山忠三郎(しげやまちゅうざぶろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

茂山忠三郎(しげやまちゅうざぶろう)プロフィール

狂言師

茂山 忠三郎(しげやま ちゅうざぶろう、1928年4月3日 - )は狂言師。京都市出身。(四世・茂山忠三郎倖一) 三世・茂山忠三郎の次男であり、父に師事した。1949年立命館大学専門部文学科卒業。1965年第4代茂山忠三郎襲名。
1933年に、「業平餅」の立衆(稚児)で初舞台を踏む。1948年、「釣狐」披。1992年、舞台歴60周年記念講演を達成。2000年にはオーストラリア公演もこなした。
文化庁芸術祭奨励賞・優秀賞を三度受賞(1966年 - )
紫綬褒章受賞(1992年)
第12回京都府文化賞功労賞受賞(1994年)
狂言 しけやまちゆうさふろう

茂山忠三郎 しげやまちゅうざぶろう の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
責任感が強く、義侠心に富みます。頑張り屋ですが、スロースターターです。男女共子供運が弱いです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地連鎖
姓の最初の文字と名の最初の文字が同画です。凶現象を引き寄せるとされています。
占いの結果をシェアしてみましょう!
茂山忠三郎 の画数・良運
金山茂雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松久朋琳 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
竹本成徳 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大岡千嘉子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松久佳遊 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松久宗琳 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
松山幸雄 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top