紫城るい(しじょうるい)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

紫城るい(しじょうるい)プロフィール

宝塚女優

紫城 るい(しじょう るい)は宝塚歌劇団宙組 (宝塚歌劇) 宙組娘役トップスター。愛称は「ひとみ」「るい」「るいっこ」など。愛知県名古屋市出身。名古屋市立名東高等学校卒業。
1997年3月 83期生として宝塚歌劇団に入団し雪組公演『仮面のロマネスク』で初舞台。
1998年 月組 (宝塚歌劇) 月組に配属。
2002年 娘役に転向。
2002年 『長い春の果てに』で新人公演初ヒロイン。
2004年 バウホール公演『愛しき人よ』で川島芳子役を演じる。
2005年 宙組に組替え。
2006年7月 宙組主演娘役に就任。
2007年  2月 退団。
最初は男役として活躍していたが、あまりの愛くるしさで2000年に『BLUE MOON BLUE』で当時のトップ・真琴つばさの相手役に抜擢されたりするなど、娘役として使われることが多くなっていった。

紫城るい しじょうるい の画数・良運

天格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
代々地方の指導者となって名誉を得てきました。男性は父親と離別後頭領運を発揮します。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   11 吉   吉
幸運 富 地位
楽天家、陽気、笑顔がさわやかで、指導力があり、正義感が強く、世話好き、お人好しです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
負けず嫌いで、気苦労性で、芸事が得意で、独立独歩型です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
人からは、控え目、目立たず、オドオド人見知りをする、警戒心が強い、一度気を許すと一心に世話をやく人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   25 吉   吉
個性 才能 強運
合理精神、ムダを嫌う。質実剛健なのに愚痴多く、金銭トラブルが、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
紫城るい の画数・良運
渥美マリ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
紫苑ゆう 人格 外格 総格 が同じです
平尾不孤 人格 外格 総格 が同じです
平井克哉 人格 外格 総格 が同じです
平井克彦 人格 外格 総格 が同じです
鵜山仁 天格 地格 総格 が同じです
赤田光男 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

紫城るい

Page Top