杉本苑子(すぎもとそのこ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

杉本苑子(すぎもとそのこ)プロフィール

作家

杉本 苑子(すぎもと そのこ、1925年6月26日 - )は、日本の小説家。東京都出身。文化学院卒。
1952年、「燐の譜」で『サンデー毎日』の懸賞小説に入選。選考委員である吉川英治に師事する。吉川死去の翌年、『孤愁の岸』で直木賞を受賞。以後、歴史小説家として活躍。
1985年に『春の波濤』(原作『マダム貞奴』、『冥府回廊』)をNHK大河ドラマとして放映される。劇場上演作多数。
1951年 「申楽新記」でサンデー毎日百万円懸賞小説佳作
1952年 「燐の譜」で第42回サンデー毎日大衆文芸賞入選
1962年 『孤愁の岸』で第48回直木賞
1977年 『滝沢馬琴』で第12回吉川英治文学賞
1986年 『穢土荘厳』で第25回女流文学賞

杉本苑子 すぎもとそのこ の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   10 凶   凶
多難 大凶
人からは、ギャンブル好き、陽気、気難しい、口が悪い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
行動力抜群、先見性鋭く損になることしない。愛にも仕事にも自分にプラスになるものを求める、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
杉本苑子 の画数・良運
村田幸子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
杉本和巳 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岡中勇人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
田村安史 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
花田虎上 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小泉今日子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
坂本知子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

杉本苑子

Page Top