鈴木健二(すずきけんじ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

鈴木健二(すずきけんじ)プロフィール

成蹊大教授 メディア論

鈴木 健二(すずき けんじ、1929年1月23日 - )は、昭和後期の日本放送協会 NHKアナウンサー(1988年退職)。東北大学文学部卒。NHK会長を務めた故島桂次とは大学の同級生。
生粋の江戸っ子で、兄は映画監督の鈴木清順。
旧制弘前高等学校から東北大学を経て1952年にNHK入局。NHK熊本放送局勤務の後東京アナウンス室へ。話の泉担当を経てNHK大阪放送局(当時大阪中央放送局)に異動した後、1960年に東京アナウンス室へ。7時のニュース、こんにちは奥さん、70年代われらの世界などを担当。台本を丸覚えする芸当は職人芸と呼ばれ、「最後の職人アナウンサー」と言われた。
1978年より「歴史への招待」、1981年より「クイズ面白ゼミナール」の司会者として活躍。著書は多数だが、中でも1982年に出した「気くばりのすすめ」(講談社)はベストセラーになった。

鈴木健二 すずきけんじ の画数・良運

天格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
武家、大商人、教育者など財力、名誉の両方に恵まれたものが多く繁栄力があり、芸事にすぐれているようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
控え目でおとなしく、思いやり深いです。人を見る目は厳しく、ズバズバと思い切ったことを言いいますが憎めない人のよさがあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   13 吉   吉
円満 名声 人気
孝心が厚く年長者を助けます。男女とも結婚後、幸福をつかみやすいようです。女性は養子を迎えやすいです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
人からは、社交上手、人の気をそらさぬ話術を持ち、人とまじめに付き合う、一度裏切られると自ら身を引く人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   30 凶   凶
苦境 浮沈 悲運
派手好み、何をしても目立つよう行動、発言する。たくさん稼ぎ、派手に使い身内より他人に気前良い、オッチョコチョイ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
鈴木健二 の画数・良運
森本益之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
奥田哲也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
菊池契月 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
杉之尾宜生 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
塚本晋也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
杉浦未幸 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
飯田泰之 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

鈴木健二

Page Top