草野唯雄(そうのただお)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

草野唯雄(そうのただお)

SF作家

草野 唯雄(そうの ただお、1915年10月21日 - )は福岡県大牟田市出身の作家。法政大学専門部卒業。
1961:「報酬は一割」(短編)でデビュー
1962:「交叉する線」:第1回宝石中編賞受賞
「大東京午前二時」
「抹殺の意志」
「瀬戸内海殺人事件」
「鳴き竜事件」
「天皇賞レース殺人事件」
「北の廃坑」
「爆殺予告」
「影の斜坑」
「偽装死体」
「三幕殺人事件」
「紀伊国殺人迷路」
「見えない罠」

草野唯雄 そうのただお の画数・良運

天格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
サービス奉仕業で成功してきました。働き者の女性を得ると繁栄するようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
失敗や貧困を人一倍恥と考え、気位高い性格です。清潔好きで、見栄っぱり、まじめな努力家です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   23 大吉   大吉
成功 名誉 想像力
控え目で、環境への順応性高がたかいようです。親孝行で、金運、出世運が強い努力家です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
人からは、敵、味方に人を区別し易く閥をつくりたがる、能弁、誠実、信用ある人、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   43 凶   凶
浪費 非現実
常に前向き、妥協せず願望成就。口は悪いが心は純真で感激屋、よきライバルいれば大成功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
草野唯雄 の画数・良運
三吉野健滋 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
神野清勝 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
京極高数 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
栗原裕康 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
秋梨惟喬 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
京極高詮 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
岩淵悦太郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

草野唯雄

Page Top