曽我部直樹(そがべなおき)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

曽我部直樹(そがべなおき)

プロ野球選手

曽我部 直樹(そがべ なおき、1972年3月20日 - )は岐阜県出身の元プロ野球選手であり、現在は千葉ロッテマリーンズのチームスタッフ(用具担当)。
1995年 ドラフト会議 ドラフト4位で阪神タイガース 阪神に指名され、入団。背番号は33番。当時チームメートであった新庄剛志(現北海道日本ハムファイターズ 日本ハム)以上の強肩と評される。
また、ファームで2年連続本塁打王になるなど長打力はあるが、打率が極めて低く、あまり出場機会を得られず。
2002年9月11日の東京ヤクルトスワローズ ヤクルト戦で、ロベルト・ペタジーニのホームランをキャッチしようと明治神宮野球場 神宮球場のフェンスによじ登るも落下しアキレス腱を切断、全治6週間の大怪我を負う。

曽我部直樹 そがべなおき の画数・良運

天格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
順調な繁栄をしています。一族の団結は強く、女性中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
話し上手で、人に喜びを与えます。詩小説、絵、演劇が得意です。やりくり上手で、女性は結婚後幸福になります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   34 凶   凶
繊細 災難 挫折
人からは、控え目、目立たず、オドオド人見知りをする、警戒心が強い、一度気を許すと一心に世話をやく人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   53 半吉   半吉
虚栄心 見栄 散財
おとなしく、控え目、誠実味のある仕事ぶりから多くの人から信頼を得、愛される、根が勤勉で努力を怠らない、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
曽我部直樹 の画数・良運
齋賀富美子 天格 地格 総格 が同じです
笑福亭笑瓶 人格 外格 総格 が同じです
高橋千鶴子 人格 外格 総格 が同じです
横関博雄 天格 地格 総格 が同じです
斎藤喜博 天格 地格 総格 が同じです
伊賀崎道順 天格 地格 総格 が同じです
春風亭梅橋 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

曽我部直樹

Page Top