大善尊太(だいぜんたかひろ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

大善尊太(だいぜんたかひろ)プロフィール

関取

大善 尊太(だいぜん たかひろ、1964年12月14日 - )は、大阪市浪速区出身の大相撲力士。実家は春場所が開催される大阪府立体育会館のすぐ近くにあり、花屋を営んでいる。本名は高橋 徳夫、最高位は小結。得意の型は左四つ、寄り、上手投げ。趣味はプロレス観戦で、プロレスリング・ノアの代表取締役社長兼プロレスラーの三沢光晴と親交が深く、2001年には化粧回しが送られた。
1981年 昭和56年春場所二所ノ関部屋から初土俵。真面目で稽古熱心として知られ、一門の親方は「大善を見習え」と言って部屋の力士を稽古に励ませたという。1988年 昭和63年春場所新十両、1991年 平成3年九州場所新入幕。2度目の入幕で幕内に定着し、1994年 平成6年春場所新小結に昇進した。左利きのため、左四つになると特に力を発揮した。同年九州場所には横綱曙太郎 曙を破り初金星_(相撲) 金星を獲得した。1995年 平成7年夏場所に十両に落ちてからしばらく低迷が続いたが、精進を怠らず1999年 平成11年夏場所、25場所ぶりに再入幕を果たした。これは当時の入幕間隔最長記録である(後に和歌乃山洋 和歌乃山が更新)。2001年 平成13年九州場所10日目、この日まで全勝の横綱武蔵丸光洋 武蔵丸を寄り切って2個目の金星を挙げた。このとき大善は36歳10ヶ月、年6場所制度が確立して以降では最年長金星であった。インタビューでは「今が全盛期です」という名言を残した。2002年 平成14年春場所には千秋楽勝って10勝目を挙げれば敢闘賞受賞が決まっていたが、ガチガチに緊張してしまい敗れて惜しくも受賞はならなかった。2003年 平成15年初場所、十両で大きく負け越し幕下陥落が確実となったが、次の春場所がご当地場所であるため1場所だけ幕下で取って春場所限りで引退。年寄富士ヶ根を襲名し、二所ノ関部屋付きの親方として後進の指導にあたっている。

大善尊太 だいぜんたかひろ の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
ロマンチストで、控え目でおとなしいようです。まじめで、潔癖性です。自分の夢を大事しています。世話好きだが冷たい所もあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自分の理想実現に全力を尽くすタイプです。親や他人に精神、物質両面で惜しみなく援助します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   7 吉   吉
強い意志 独立心
人からは、人の好き嫌いがあり、喜怒哀楽を表に現す、閥を作りやすい、闘争心むきだし、お人好し、涙もろい、オッチョコチョイ
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
頭の回転、気分切り換え早い。前向きに生活、一族一家のリーダー。重責に耐え頑張り抜く、女性は内助の功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
大善尊太 の画数・良運
丹野愛子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
日野業子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中野誠也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
三雲博仁 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大塚富夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大塚勝夫 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中野照子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

大善尊太

Page Top