谷博(たにひろし)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

谷博(たにひろし)プロフィール

プロ野球審判

谷 博(たに ひろし 1953年6月20日 -)は昭和後期から平成期(1970年代後半~)のプロ野球審判員。現在はセントラル・リーグ審判部部長待遇。徳島県出身。
審判員袖番号は19(1988年初採用から。氏は関西審判部の袖番号初採用年度からの生き残りで最古参である。)。
京都産業大学を経て1976年にセントラル・リーグ審判部入局。井野修審判部長とは同期入局である(井野は公募で合格、谷はアマ時代の経験を買われて入局)。入局1年目の4月には早くも一軍試合出場を果たし(1976年4月25日、阪神甲子園球場での阪神タイガース 阪神-横浜ベイスターズ 大洋戦)、2005年シーズン終了時点での通算出場試合数は2393試合、オールスターゲーム (日本プロ野球) オールスター出場4回、日本選手権シリーズ 日本シリーズ出場9回。シリーズ初出場は1992年の日本シリーズだが、谷部長待遇は初出場ながらこの年の第7戦で球審を務めた。長らくセ・リーグ関西審判部のリーダーとして活躍している。巷ではよく知られているランディ・バース バース・掛布雅之・岡田彰布らによる甲子園球場のバックスクリーン3連発。谷部長待遇はこの試合で一塁塁審をしていた。

谷博 たにひろし の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
シンが強く、負けず嫌いです。趣味が豊かで、女性は美人でおしゃれ、男性は病弱、弱気です。親との生死別があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   2 凶   凶
災難 別離 孤独
人からは、おとなしそうに見えて社交家、自分に都合の良い人ばかりとつき合う人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
19才までは運動選手として活躍。それ以後男性は気弱、独断専行。女性は職業婦人として活躍、離婚運あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
谷博 の画数・良運
李斯 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
畑恵 人格 外格 総格 が同じです
山内博 天格 地格 総格 が同じです
木下幸文 天格 地格 総格 が同じです
山内明日 天格 地格 総格 が同じです
久仁京介 天格 地格 総格 が同じです
八代英太 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

谷博

Page Top