丹波康頼(たんばやすより)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

丹波康頼(たんばやすより)プロフィール

医学

丹波 康頼(たんば の やすより、延喜12年(912年) - 長徳元年(995年))は平安時代の医家。官職は針博士、丹波介、左衛門佐。
丹波国天田郡の出身。中国からの渡来人の流れを汲む坂上氏の分かれであり、遠祖には後漢の霊帝 (漢) 霊帝があるという。丹波氏に改める前は劉芳氏。同時代における東洋医学の権威であり、永観2年(984年)に『医心方』全30巻を編集し朝廷に献上するなど、日本医学史において大きな足跡を残した。
そうした功績をもって朝廷より丹波宿禰姓を賜り、以来医家として連綿と続く丹波氏の祖となる。子孫は代々典薬頭を世襲し、侍医に任じられる者を輩出した。うち著名な者としては、『医略抄』を著した曾孫の丹波雅忠、あるいは後世において豊臣秀吉の侍医を務めた施薬院全宗や江戸幕府の奥医師・多紀元孝などが挙げられる。

丹波康頼 たんばやすより の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   27 半吉   半吉
摩擦 孤立 頭脳明晰
行動力、推理力、分析力に優れ頭が切れます。独断専行に気を付けると大成功します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
人からは、無口、とっつきにくい、こり性、用心深い、社交性に欠ける、心は純真者、気のよい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   39 吉   吉
生命力 大物 成功
動きがさわやか。趣味豊か。義理人情に厚い、人の面倒見良い。短気、せっかち、泣き虫、喜怒哀楽を人前で表わす、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
丹波康頼 の画数・良運
市村萬次郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
門井慶喜 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
田村善次郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
副島美咲 人格 外格 総格 が同じです
河合幹雄 人格 外格 総格 が同じです
法月綸太郎 天格 地格 総格 が同じです
河合雅雄 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

丹波康頼

Page Top