中座真(ちゅうざまこと)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中座真(ちゅうざまこと)

将棋棋士

中座 真(ちゅうざ まこと、1970年2月3日 - )は、日本の棋士 (将棋) 将棋棋士。棋士番号219。北海道稚内市出身。佐瀬勇次門下。
横歩取り8五飛戦法の創始者。その名を取って「中座飛車」と呼ばれることも多い。この戦法が生まれたことによって将棋界の歴史が変わったと言っても過言ではない。
新進棋士奨励会#段級位の昇降 奨励会三段リーグを突破するのに5年11期を要した。第18回三段リーグ最後の一局は敗戦となり12勝6敗で終了、当時26歳の本人は年齢制限による退会を覚悟したが、その後競争相手が立て続けに敗れ奇跡的な逆転で四段昇段が決まった(もう一人の四段昇段者は堀口一史座)。その経緯は『将棋の子』(大崎善生・著)の冒頭に詳しく記されている。また、感動のあまり泣き崩れ壁際にうずくまる場面をとらえた写真は将棋史に残る名ショットとされる。

中座真 ちゅうざまこと の画数・良運

天格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
資産家、商売人として成功し金持ちが多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
自己主張せず凝り性です。一芸に秀でています。孤立、病弱、金銭の苦労がつきまといます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   10 凶   凶
多難 大凶
趣味や特技への傾倒度大きいです。収集癖があります。親との縁薄く、金銭の苦労が絶えません。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
人からは、いつもニコニコ、しかし人を見る目が厳しい、損をする人とは付き合わない、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   24 吉   吉
柔軟性 順調 家庭運
要領よく処理がテキパキと早くまじめ、プライド高く厳しく冷たい自分勝手な印象、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
中座真 の画数・良運
日高剛 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中原真 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
五島勉 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
今宮純 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
大野栄一 天格 人格 地格 総格 が同じです
中畠信一 天格 地格 外格 総格 が同じです
中島洋一 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中座真

Page Top