土屋礼一(つちやれいいち)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

土屋礼一(つちやれいいち)プロフィール

日本画家

土屋礼一(つちやれいいち、1946年-)は、日本画家。本名土屋禮一(つちやれいいち)。岐阜県養老町出身。岐阜県立大垣南高等学校、武蔵野美術大学卒業後、加藤東一に師事。日展の常連受賞者となる。日展評議員、武蔵野美術大学教授、金沢美術工芸大学教授などを歴任。現代日本を代表する日本画家の一人であり、代表作『赤い沼』は文化庁に買い取りを受けている。
妻は絵本作家の土屋侑美、息子はミュージシャンRAG FAIRおよびズボンドズボンの土屋礼央。シンガーソングライターの松任谷由実の指導教授。
日本の画家 つちやれいいち

土屋礼一 つちやれいいち の画数・良運

天格   12 凶   凶
意志薄弱 失敗 病弱
芸術や特殊な仕事で世に認められてきました。男性が離散しやすいようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   6 吉   吉
信頼 誠実 努力
親の期待を一身に集め、扶養義務を持ち易く、負けず嫌いで、根性があり、にぎやか好きです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
人からは、信じた人とはトコトンつきあう、裏切られると憎悪が強い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
誠実でまじめ、内外の信頼と尊敬は絶大。本人は報われにくい、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が奇数です。多くの流派でとされています。
土屋礼一 の画数・良運
九鬼天人 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
森マリア 天格 人格 地格 総格 が同じです
土屋匠 天格 地格 外格 総格 が同じです
葵みのり 天格 地格 外格 総格 が同じです
森カンナ 天格 人格 地格 総格 が同じです
小室圭 天格 地格 外格 総格 が同じです
久保亘 天格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

土屋礼一

Page Top