石川光久(いしかわみつひさ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

石川光久(いしかわみつひさ)プロフィール

プロダクション・アイジー社長

石川 光久(いしかわ みつひさ、1958年10月30日 - )は、東京都出身の日本のアニメーションプロデューサー。Production I.G代表取締役。
1980年代にタツノコプロにて制作・プロデューサーを担当し、『赤い光弾ジリオン』のプロデューサーを担当した後、独立してアイジータツノコ(現・Production I.G)を設立。2005年にProduction I.Gの株式をJASDAQに上場し、ビジネス誌から取材を受けるなど企業経営者としても注目を浴びる。
東京都八王子市の農家の生まれ。中学・高校では野球部では主将を務めた。子供時代からテレビを見ることはあまりなく、アニメには全く興味がなかったという。明星大学在学中に文楽を見て感動。同じ人形芝居ということで八王子にある古典芸能の人形劇団に属して人形作りや黒子の修行を積む。人形劇団が海外公演している間のアルバイトとして、劇団関係の仕事と勘違いしてアニメ制作作会社タツノコプロへ。テレビアニメ『黄金戦士ゴールドライタン』で制作進行として働く。アニメーターのなかむらたかしとの出会いを得て、アニメへの関心が湧くが、『黄金戦士ゴールドライタン』終了後は海外を10ヶ月ほど放浪、帰国後に偶然会った真下耕一監督の誘いで『未来警察ウラシマン』で復帰。同作で制作進行を経て、制作デスクとなる。石川がプロデューサーとして活動した1980年代半ば以降のタツノコプロはどんどん人材が流出。石川自身はタツノコプロに「よくしてもらった」と恩義と感謝を口にするが、制作状況の悪化にアニメ自体をやめようとまで思いつめる。その最後の作品にするつもりだったのがテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』である。当初はタツノコプロ社内でも石川に任せることに反対論があったというが、これを石川は成功させ、『赤い光弾ジリオン』制作のために集まったスタッフのために独立を決意。そうして設立された「IGタツノコ」は、タツノコプロからも出資をしてもらい、作品の下請けをもらい、形の上では円満な暖簾分けであった。

石川光久 いしかわみつひさ の画数・良運

天格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
資産家で、同族意識強く、地域社会で活躍してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
瞬間的判断の鋭さがあり、観察が細かく、自分にも他人にも妥協許さず、努力家、まじめです。毒舌で人を不幸にする事もあるので注意が必要です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   9 凶   凶
薄幸 消極的 孤独
行動力に富み、頭の回転が速く、ロマンチストです。警戒心が強いわりに、お人好しで裏切られやすいので注意。秘密主義です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
人からは、いつもニコニコしている、自分にとって敵か味方かの判別が早い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
責任感強く、正義感、意志が強い、初志貫徹、頑固、思いやり豊か、世話面倒見よい、短気、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
石川光久 の画数・良運
山田まりや 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
千田まゆこ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山田はるみ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
山本まゆり 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
市川竹川 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
古川圭子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
上田まりえ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

石川光久

Page Top