井上慶太(いのうえけいた)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

井上慶太(いのうえけいた)プロフィール

将棋棋士

井上 慶太(いのうえけいた、1964年1月17日 - )は、日本の棋士 (将棋) 将棋棋士。棋士番号157。兵庫県出身。若松政和七段門下。
居飛車党であるが、振り飛車党のような軽快な捌きを重んじる軽い棋風である。
大のタイガースファンとして知られており、TV番組の中で兄弟子の谷川浩司を甲子園に連れ出し、応援していた。
当時七冠の羽生善治から最初に白星を取った。
現在、関西棋界の中で、山崎隆之、阿部隆と共に谷川浩司に次ぐ実力を持つ棋士と目されている。
1979年 6級
1981年 初段
1983年2月4日 四段
1987年3月27日 五段
1991年7月12日 六段
1996年4月1日 七段
1997年4月1日 八段
竜王戦-2組
順位戦-B級1組

井上慶太 いのうえけいた の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
体力は有るのですが、結婚後子供運が弱く、金銭のトラブルがあります、スポーツで才能、実力を発揮します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
人からは、いつもニコニコしている、自分にとって敵か味方かの判別が早い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天天地地・精神連鎖
姓の最初の文字と名の最後の文字が同画です。精神的に不安定になることが多いとされています。
井上慶太 の画数・良運
山内嘉弘 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
今川範氏 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
角富士夫 天格 地格 外格 総格 が同じです
杉道助 天格 地格 外格 総格 が同じです
伴善男 天格 地格 外格 総格 が同じです
坂啓典 天格 人格 地格 総格 が同じです
李昭娟 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

井上慶太

Page Top