井上一(いのうえはじめ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

井上一(いのうえはじめ)プロフィール

広告写真家

井上 一樹(いのうえ かずき、1971年7月25日-)は、平成期(1990年代-)の中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手である。ポジションは専ら外野手。背番号は9番。
鹿児島商業高校時代は、投手兼外野手として甲子園に1度出場。高校通算40本塁打を記録し、野手としても有望な左腕として注目を浴びる。1989年のドラフト会議 ドラフトで中日より与田剛に次ぐ2位指名を受けて入団。入団直後は投手として起用されたが、満足のいく成績を残せずに終わり1994年から打者転向。
1998年より徐々に素質が開花しはじめ1999年では7番打者として開幕21試合連続安打を記録するなど正外野手として攻守にわたってその年のリーグ優勝に貢献する働きをみせる。この時期にピンク色のリストバンドを好んで使用していた事から「ピンキー」というニックネームが、当時の背番号99とともにファンの間で定着した。

井上一 いのうえはじめ の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   4 凶   凶
不満 不遇 感情不安定
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   1 吉   吉
出世 指導力 行動力
希望が果てしなく、無限の可能性と広がりを持っています。周囲からの信頼も厚く、目上の引き立てなどの援助に恵まれ、将来は富と名声を得ることでしょう。長寿を全うする数です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
人からは、いつもニコニコ、しかし人を見る目が厳しい、損をする人とは付き合わない、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
強情、まじめ、努力家、ファイトあり、周囲の人のため苦労する。などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
井上一 の画数・良運
中山一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
井上密 天格 外格 が同じです
水原一 地格 外格 が同じです
日下一正 天格 人格 が同じです
水口弘一 天格 外格 が同じです
井上亮一 天格 外格 が同じです
井上陽一 天格 外格 が同じです
[もっと見る...]

井上一

Page Top