生島治郎(いくしまじろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

生島治郎(いくしまじろう)プロフィール

作家

生島 治郎(いくしま じろう、1933年1月25日-2003年3月2日)は、日本の小説家。本名、小泉 太郎(こいずみ たろう)。筆名は結城昌治が考えたもの。
上海生まれ。敗戦後、1945年に長崎に引き揚げ、金沢に移る。
中学3年から高校にかけての同期に青木雨彦がいた。高校時代から小説を書き始め、早稲田大学第一文学部英文学科在学中は青木雨彦や高井有一や富島健夫と同じ同人誌に所属。傍ら、港湾関係のアルバイトで肉体労働を経験する。早大英文の同級に小林信彦がいた。1955年卒業。卒論のテーマはジョナサン・スウィフト。
空前の就職難に苦しんだが、大学の友人の紹介で美術評論家植村鷹千代の主宰するデザイン事務所に就職。ここで知り合った画家勝呂忠の紹介により、約1年後に早川書房入社。当時の上司(編集部長)に田村隆一がいた。

生島治郎 いくしまじろう の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   18 吉   吉
信頼性 忍耐 成功
平和主義者で、計画性や、他人との協調性があり、精神物質両面で常に余裕があり、金持ちけんかせずの典型人です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   17 吉   吉
積極性 地位 財産
芸事の名人で、踊り、楽器、演奏、話術が巧みで、サービス精神が旺盛です。親子関係は争いが多いのに仲良く血族意識が強いです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
人からは、控え目、目立たず、オドオド人見知りをする、警戒心が強い、一度気を許すと一心に世話をやく人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   32 大吉   大吉
柔軟性 金運 成功
わがままのようで責任感強く、行動が粘り強さでピンチ脱出、生意気で強引、先見性決断力あり、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
生島治郎 の画数・良運
別府修作 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
田宮虎彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
北陣和春 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
代島治彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
光咲玲奈 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
田島知郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
菊井維大 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

生島治郎

Page Top