渡真利克則(とまりかつのり)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

渡真利克則(とまりかつのり)プロフィール

プロ野球審判

渡真利 克則(とまり かつのり、1962年8月23日 -)は、沖縄県旧平良市(現宮古島市)出身。昭和後期から平成期(1980年代 -)のプロ野球選手、プロ野球審判員。右投げ右打ち。審判員袖番号は採用された1993年から2003年まで39(※39は現在空番。)で2004年以降は5(※5は大里晴信が1988年初採用から1995年退職までつけていた番号である)。
同じセ・リーグの橘高淳審判は現役時代、阪神の同期生。
中学時代は野球部と陸上部を兼務。興南高等学校入学時は投手だったが、三塁手に転向し、1980年甲子園には5番打者として出場、チームはベスト8の成績を残す。同年のドラフト2位で阪神タイガースに入団し、主に一塁手、外野手、代打として出場した。1985年の阪神リーグ優勝決定の瞬間に、ランディ・バースにかわって一塁手として途中出場していた渡真利が中西清起からの送球を受けた(試合は5-5の引分)シーンは彼にとってのハイライトであろう。このシーンのおかげで、渡真利は実績の割に阪神ファンの中での知名度は高い。

渡真利克則 とまりかつのり の画数・良運

天格   29 半吉   半吉
厳格 才能 完全主義
順調な繁栄をしています。一族の団結は強く、女性中心に繁栄してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
頼まれると嫌と言えず、滅私奉公型で、報われるものが少なくグチが多いようです。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
自分の理想実現に全力を尽くすタイプです。親や他人に精神、物質両面で惜しみなく援助します。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   31 吉   吉
判断力 円満 社交性
人からは、笑顔がさわやか、人なつっこく、誰とも気軽に交際、相談にのる、信頼抜群な人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   45 吉   吉
不言実行 達成 克服
周囲の人に尽くす。奉仕運。内助の功優れ、世話役、秘書役に徹し我欲を慎むとチャンス訪来し出世運、名誉運、強し、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
渡真利克則 の画数・良運
織田貞置 人格 外格 総格 が同じです
斎藤理生 天格 地格 総格 が同じです
錦華山大五郎 天格 地格 総格 が同じです
時津海正博 人格 外格 総格 が同じです
斎藤珪次 天格 地格 総格 が同じです
乾き亭げそ太郎 人格 外格 総格 が同じです
斎藤綾乃 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

渡真利克則

Page Top