内藤昌(ないとうあきら)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

内藤昌(ないとうあきら)プロフィール

愛知産業大造形学部教授

内藤 昌豊(ないとう まさとよ、大永2年(1522年)-天正3年5月21日 (旧暦) 5月21日(1575年6月29日)は戦国時代 (日本) 戦国時代の武将。武田信玄の家臣。源左衛門。修理亮。正しくは昌秀。初め工藤姓。名は祐長。馬場信春、山県昌景、高坂昌信らとともに『武田四天王 武田の4名臣』の一人に数えられた。
武田信虎に仕える甲斐国の国人・工藤虎豊の次男として生まれる。幼少期に父・虎豊が信虎によって誅殺されて武田家を出奔したと言う過去を持つ。長く関東地方を中心に流浪していたが、天文 (元号) 天文15年(1546年)に武田信玄に召還されて侍大将として復帰した。
武略に長け、武田信繁と共に武田の副将格として評され『甲陽軍鑑』にも、山県昌景が昌豊のことを「古典厩信繁、内藤昌豊こそは、毎事相整う真の副将なり」と評した、と記している。永禄9年(1566年)以降は上野箕輪城の城代として上野国方面経営の指揮を執り、永禄12年(1569年)には甲斐の名族で断絶していた内藤の名跡を継いで修理亮を名乗った。数多くの武勲を立てて信玄の信頼も厚く、「修理亮ほどの弓取りともなれば、常人を抜く働きがあってしかるべし」と評して敢えて一通の感状も出さなかった。一方の昌豊も、「合戦は大将の軍配に従ってこそ勝利を得るもの。いたずらに個人の手柄にこだわることなど小さなことよ」と感状をもらっていないことなど気にもかけなかった。永禄12年(1569年)の三増峠の戦いでは小荷駄隊を率いて自軍の補給を支える等、華々しい戦功名だけでなく、地味だが重要な役目も的確にこなした。

内藤昌 ないとうあきら の画数・良運

天格   22 凶   凶
努力不足 衰退 無力
女傑が出やすく美人の誉れ高い家系です。運の強い女性を迎えて家は栄えてきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
人の心の動きや状況変化を的確に把握します。神経質で、頭が良く義理人情厚く閥を作ります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   8 吉   吉
勤勉 努力 成功
親の言いつけ守り、孝心が厚いようです。それと、泣き虫で、度胸がなく、正義感が強く、食いしん坊で、手芸、音楽の才能があります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
人からは、いつもニコニコ、しかし人を見る目が厳しい、損をする人とは付き合わない、というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   30 凶   凶
苦境 浮沈 悲運
派手好み、何をしても目立つよう行動、発言する。たくさん稼ぎ、派手に使い身内より他人に気前良い、オッチョコチョイ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
陰陽配合
姓名のすべての漢字が偶数です。多くの流派でとされています。
内藤昌 の画数・良運
内藤明 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
内藤良一 天格 地格 外格 総格 が同じです
飯島寿一 天格 地格 総格 が同じです
那須川天心 天格 地格 総格 が同じです
松嶋えいみ 天格 地格 総格 が同じです
高間武 天格 地格 総格 が同じです
朝倉文夫 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

内藤昌

Page Top