中川五郎(なかがわごろう)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中川五郎(なかがわごろう)プロフィール

音楽ライター

中川五郎(なかがわごろう、1949年7月25日 - )は、1960年代後半から活躍するフォークシンガー、訳詞家。
1960年代後半に、関西を中心に起きたフォークミュージックのムーブメント「関西フォーク」の代表的人物の一人。
京都などで行われた「フォークキャンプ」などでメッセージ色の強い曲を歌い始める。
関西「フォークの父」高石ともや、「フォークの神様」岡林信康、東京から京都に来た高田渡に続く高石音楽事務所のプロテストソング歌手の末っ子的存在だった。
1967年3月、当時、大阪府立寝屋川高校の3年生であった中川はベトナム反戦講演会に参加。ゲストで来ていた高石友也 高石ともやの歌に衝撃を受け、自身も歌を作っていると高石に話しかけたのが最初の出会いである。以来、中川は高石に連れられて様々な会を一緒にまわるようになったがきっかけとなり、フォークシンガーへと進んでいく。

中川五郎 なかがわごろう の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   7 吉   吉
強い意志 独立心
アイデア豊富で、状況判断早く、新しがり屋でおしゃれ、初心を貫きます。しかし、恋には盲目で、異性運はトラブルが家族の人と出ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   13 吉   吉
円満 名声 人気
孝心が厚く年長者を助けます。男女とも結婚後、幸福をつかみやすいようです。女性は養子を迎えやすいです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   20 凶   凶
社交下手 薄幸 別離
無口でおしゃべりで、陽気で孤独好きな人。男女とも晩婚。結婚後はマイペースを守ってゆけば成功、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
天地連鎖
姓の最初の文字と名の最初の文字が同画です。凶現象を引き寄せるとされています。
中川五郎 の画数・良運
さとうほなみ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中山太郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
井上きみどり 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
夕月みずほ 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
片山文彦 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
片山広明 天格 地格 総格 が同じです
古市コータロー 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中川五郎

Page Top