中川了滋(なかがわりょうじ)のプロフィール、画数と運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中川了滋(なかがわりょうじ)プロフィール

最高裁裁判官

中川 了滋(なかがわ りょうじ、昭和14年(1939年)12月23日- )は日本の弁護士。石川県津幡町出身。平成16年(2004年)12月21日の閣議で最高裁判所判事への任用が決定。平成17年(2005年)1月19日より最高裁判所判事。金沢大学法文学部10期生。金沢大学同窓会(北の都会)の東京支部長。東京都文京区在住。
昭和14年(1939年)石川県津幡町中山に七人兄弟の末子として生まれる。
昭和37年(1962年)金沢大学法文学部卒業。在学中に司法試験に合格。
昭和37年(1962年)司法修習生。
昭和39年(1964年)弁護士登録(第一東京弁護士会)。
昭和61年(1986年)第一東京弁護士会副会長および日本弁護士連合会常務理事に就任。

中川了滋 なかがわりょうじ の画数・良運

天格   7 吉   吉
強い意志 独立心
名門です。家訓をまもり、男性を中心に栄え、女性は女傑が多いようです。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   5 吉   吉
健康 財産 繁栄
常識家で、円満な性格。石橋をたたく用心深さがあり、弱気になると他人の悪口やグチが人一倍多くなります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   14 凶   凶
孤立 不遇 トラブル
気苦労性で、一家の柱となって活躍します。じっとしているのが苦手で、努力家、料理が得意、正義感もあります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   16 大吉   大吉
人望 大成 逆転成功
人からは、落着いて、悩みない人、ロマンチスト、話が大きい人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   21 吉   吉
独立 統率力 名誉
常に人の先頭を行く。権力欲、征服欲強くグループの長として活躍。体力もあり晩年まで実力者、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
占いの結果をシェアしてみましょう!
中川了滋 の画数・良運
山内一豊 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
坂井一郎 人格 外格 総格 が同じです
酒井一圭 人格 外格 総格 が同じです
井上公造 天格 地格 総格 が同じです
中山由美 天格 地格 総格 が同じです
車だん吉 天格 地格 総格 が同じです
井上純弌 天格 地格 総格 が同じです
[もっと見る...]

Page Top