中野二郎(なかのじろう)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中野二郎(なかのじろう)

マンドリンの草分け

中野 二郎(なかの じろう、1902年4月10日 - 2000年6月10日)は、日本の作曲家・アレンジャー 編曲家。
愛知県出身。マンドリン・ギターを独学で習得し、マンドリン合奏曲・マンドリン独奏曲・ギター独奏曲を作曲。また『一茶さん』などの童謡作曲家としても知られる。
1945年からNHK名古屋放送管弦楽団の指揮者を務める。
数多くのイタリアの管弦楽曲や吹奏楽 吹奏楽曲を日本に紹介し、マンドリンオーケストラのために編曲。収集した資料の多くは同志社大学図書館中野譜庫に保存されている。
アリランの主題による変奏曲
パガニーニの主題による30の変奏曲
「春が来た」変奏曲
組曲「漁村の一夜」

中野二郎 なかのじろう の画数・良運

天格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
父親を中心にまとまってきました。男性は分家後、能力を発揮し栄えます。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   13 吉   吉
円満 名声 人気
丸顔で笑顔がさわやか、世話好きで、本心は寂しがり屋です。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   11 吉   吉
幸運 富 地位
独立心が強く、ピンチに強い。男性は嫁の親に可愛がられます。女性は長男と結婚します。いずれも、一族一家の責任者となります。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   13 吉   吉
円満 名声 人気
人からは、人なつこく笑顔が絶えない、頼まれるとイヤと言えないお人好し、誠心誠意を相手に尽くす人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
中野二郎 の画数・良運
飯干晃一 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
柴田昌三 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
浜田和子 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
天野八郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
戸崎二郎 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
降矢奈々 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
益田直也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中野二郎

Page Top