中村賀津雄(なかむらかつお)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中村賀津雄(なかむらかつお)

俳優

中村 嘉葎雄(なかむらかつお、本名、小川賀津雄(おがわかつお)、1938年4月23日~)は、日本の俳優。旧芸名は、中村賀津雄。父は歌舞伎俳優三世中村時蔵。俳優の萬屋錦之介は、すぐ上の兄。他に中村歌昇(5代目)、中村時蔵 (4代目)、中村獅童 (初代)(中村獅童(2代目)の父)の兄達がいる。俳優の中村獅童 (2代目)は甥にあたる。
1938年4月23日東京市赤坂区(現・東京都港区_(東京都) 港区)南青山に歌舞伎俳優三世中村時蔵、ひな夫妻の五男(第九子)として生まれる。1943年9月東京歌舞伎座で「取替べい」で初舞台を踏む。高校2年生の時、兄の中村錦之助(後の萬屋錦之介)に続いて映画界に入る。松竹に入社し、中村賀津雄の芸名でデビューする。デビュー作は、「振袖剣法」(酒井辰雄監督)。松竹時代は、東映時代劇の看板スターとして華々しい活躍をした錦之介と比較すると、派手さを抑制した若々しさに満ちた感性を表現したと評される。

中村賀津雄 なかむらかつお の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   19 凶   凶
苦労 挫折 障害
神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭はよいが金運は弱いようです。配偶者、実子に縁が薄く、病難が周囲にいて面倒を看ます。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   33 吉   吉
開運 勇気 成功
実力者、権力者をうまく利用するのが巧みで、仲介役として才能発揮します。親からの独立が早いのですが、金運は弱いようです。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   25 吉   吉
個性 才能 強運
人からは、人前で弱味を見せない、強気で見栄張り、ピンチを巧みに切り抜ける一匹狼というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   44 凶   凶
自滅 考えすぎ
几帳面でコツコツ努力。金儲けのアイデア豊富。周囲の人に福運とられ報われにくい。結婚後は健康金銭仕事順調、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
中村賀津雄 の画数・良運
章炳麟 天格 地格 外格 総格 が同じです
服部幸應 人格 外格 総格 が同じです
茶園成樹 人格 外格 総格 が同じです
藤崎武男 人格 外格 総格 が同じです
宮城浩蔵 人格 外格 総格 が同じです
甲斐扶佐義 人格 外格 総格 が同じです
吉村絵美留 人格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中村賀津雄

Page Top