中村武志(なかむらたけし)の画数 運勢

姓だけ入力すると画数の良い命名候補が一覧できます
 有名人の画数を占ってみよう

中村武志(なかむらたけし)

プロ野球コーチ

中村 武志(なかむらたけし、1967年3月17日-)は、京都府出身。昭和末期から平成期(1980年代後半-2000年代前半)の元プロ野球選手(捕手)。
愛称はたけし。中日ドラゴンズ 中日時代に当時の星野仙一監督が彼を姓を付けずに「たけし」と呼んでいたことから馴染みのある解説者や応援などで使用されることが多い。
中日時代の応援歌は若手の頃『コンバット!』のオープニングテーマであった。
花園高では甲子園出場こそ無かったが強肩強打で知られ、1984年のドラフト会議 ドラフトで中日ドラゴンズから1位指名を受け入団。
その後、中日の監督になった星野に目を掛けられ、時には鉄拳も辞さない厳しい指導を受けて才能を伸ばしていった。以降、15年近く中日の正捕手としてマスクをかぶり続ける。安打のうち一割を本塁打が占めるなど、「恐竜打線」と恐れられた中日打線の一角を長期に亘り堅持した。特に、1991年7月19日、ナゴヤ球場で行われた読売ジャイアンツ 巨人戦で、最大8点差あったが、7回裏に落合博満のソロホームランで1点返すと、8回裏、徐々に中日が点をとり4点差とし、なおも満塁、足の故障の不安でベンチ入りしていた中村が代打で登場。同点とする代打満塁本塁打を左翼席最上段へ放つ。試合は延長戦に入るが延長10回、そのまま守備に入っていた中村が今度は左翼席中段へサヨナラホームランを放ち中日をサヨナラ勝ちに導いた。これにより「中日にはクリーンナップが2つある」「影の四番」などとも言われたことがあり、攻守のバランスの取れた中村に対して「中日の正捕手は10年間安泰」と言われた。しかし、走塁が非常に遅く、普通なら2塁に進めるようなヒットでも、そこでアウトになったりなどしている(ラジオの実況でアナウンサーが、あまりの遅さに「遅い! 遅すぎる、中村!」と叫んだこともある)。

中村武志 なかむらたけし の画数・良運

天格   11 吉   吉
幸運 富 地位
女系家族で、男性は絶える傾向にあり、養子を迎えて家名存続してきました。
天格とは、姓の漢字の画数の総計です。祖先運を表しています。天格だけで吉凶は判断しません。
人格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
控え目でおとなしく、思いやり深いです。人を見る目は厳しく、ズバズバと思い切ったことを言いいますが憎めない人のよさがあります。
人格とは、姓の最後と名前の最初の画数合計です。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、二十代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われます。
地格   15 吉   吉
人徳 出世 順調
親思いで、親から見ると頼りになる人です。親の犠牲となることがあり、自分の子には意外と淡白です。
地格とは、名前の画数の総計です。性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表します。
外格   11 吉   吉
幸運 富 地位
人からは、いつもニコニコ、社交上手、話術が巧み、友人、親を大切にする、見栄っぱり、金づかい荒い人というように見られています。
外格とは、総格から人格を引いた数です。家族・職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表します。一字姓、一字名の場合、天の恵みとして霊数1を加えます。
総格   26 凶   凶
波乱万丈 衝突 不安定
女性はまじめ、努力家、頭良い、男性は気迷い病難、積極性に欠け人はよいが好機に乗れぬ、などの特徴があります。
総格とは、姓・名前の画数合計です。人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表します。
中村武志 の画数・良運
岸川勝也 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小林秀明 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
村井啓介 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中村直志 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中村明花 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
中村昌秀 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
小林杏奈 天格 人格 地格 外格 総格 が同じです
[もっと見る...]

中村武志

Page Top